【銀行】学生がアメリカで、クレジットカードを簡単に作った話

 

これは私が渡米した2013年頃の話になります(当時は語学留学)。

それに、アメリカでのことなので、全ての方に当てはまる訳でもないと思います。

 

というのは

アメリカって、担当してくれる人によって対応が全く異なることが本当に多いのです。

 

悪く言えばいい加減、よく言えば融通がきくのがアメリカ。⇦あくまでわたしのイメージ

 

そんな土地で学生ビザの身分&ソーシャルセキュリティ番号(SSN)ナシながら、

クレジットカードが作れた話をします。

 

とは言っても5年前のことで、記憶は少しあやふやです。

詳細はこだわらず、参考程度にゆるーく読んでいただければと思います。

 

credit card in America

 

 

もそも

 

 

アメリカでクレジットカードを作った話?どうしてわざわざ?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

日本では学生でも比較的かんたんに作れるクレジットカード、

渡米前のリサーチによると

どうやらアメリカではそうはいかない、といろんなサイトに書かれていたのです。

 

 

理由は

🍎 クレジットカードを作るにはクレジットヒストリーが必要

🍎 でも、日本でのクレジットヒストリーは考慮してくれない

🍎 はじめのクレジットカードがなければヒストリーが作れない

 

という悪循環によるらしく。

 

アメリカのJALやANAのクレジットカードは作れるみたい、と事前に調べていましたが、

駐在ではなく学生ビザでも作れるのかまでは調べず、、

めんどなり簡単に諦めました。

 

そして、普段は日本で作った当時のシティバンク(現:SMBC信託銀行)のカードで現金をおろして使い、

授業料など大きいお金が必要なときだけは日本のクレジットカードを使って、

 

それでまぁとりあえずいいことにしていました。

 

駐在として来ているのとは違い、節約学生だったので、それでも困ることはなかったのです。

 

 

 

行口座を作ってみよう

 

 

 

あれはたしか、渡米から1年と少したった頃。

 

語学学校で同じクラスだった日本人の方から、アメリカで銀行口座を持っているという話を聞きました。

 

はじめに行った語学学校で、銀行口座を作りたかったらレターを書いてあげるという話を聞いたような気がして

とりあえずややこしそうだったのと、

何より、特に必要に迫られていなかったので

当時まだ作っていませんでした。

 

 

彼女の話を聞くと、特に学校などからのレターのようなものがなくても作れるとのこと。

 

 

なんだじゃあ一応作ってみようかなぁと、軽い気持ちで、

パスポートなどを持ってバンク・オブ・アメリカの某支店へ行ってみることにしました。

 

 

 

レジットカードはあっけなく

 

 

 

口座開設の手続きを進めているとき、クレジットカードは作れないんだよね、

とふと何となく聞いてみました。

 

すると、作れるよ、とさらっと返答が。

 

え??って思いましたが、…作れるのなら作ってもらおうと。

 

マイルをためるようなクレジットカードは作れなくて、

Bank of America Cash Rewards Visa Platinum Plus というものなら作れるということだったので

そちらを作ることにしました。

 

 

と言うわけで、本当にあっけなく、

学生ビザでソーシャルセキュリティ番号(SSN)を持っていないながら、

銀行のデビットカードとクレジットカードの2枚を

すんなりと手に入れることが出来たのです。

 

 

 

い当たる節は

 

 

 

銀行口座のことを教えてくれた語学学校の人は、クレジットカードは作れなかったそうです。

 

当時お付き合いしていた今の夫にも、作れたという話をしたら本当に驚いていました。

夫は学生時代(SSN取得)からアメリカで、そのままこちらで就職しているのですが、

作るまでに相当時間がかかったそうなので。

 

なぜ作れたのかは、正直、全然分かりません。

 

credit card in America-?

 

分からないながら、ひねり出してみた理由はこちらです。

 

🍎 すでに1年住んでいたから?

→→→ その1年、銀行口座すら持っていなかったんだけど。。

🍎 1年間、日本のAMEXをアメリカ国内で使っていたから?

→→→ 日本のAMEX だから関係ないような

🍎 日本のAMEXを数年持っていたのがなぜだかカウントされたの?

→→→ そんなことってあるのでしょうか??

 

どれもこれも理由にはなりませんね。

 

 

なぜ日本で作ったAMEXのことを書いているかと言うと、

クレジットカード持ってる?と聞かれて、手持ちのAMEXを見せたからです。

その数年前に作って、日本で使っていたものでした。

 

彼女は日本で作ったAMEXカード情報もパソコンに入力していました。

何に必要だったのかはよく分かりません。

 

それに、”クレジットカード作れるよ” と言う返答があってからAMEXの話になったような

あやふやな記憶があるので、、

あまり関係ないのかな、とは思っています。

 

 

 

んなこともありました

 

 

 

さらに遡って10年ほど前の、短期間アメリカに滞在していた時のこと。

 

こちらのシティバンクへ行って、ある手続きをしてもらおうと思ったのですが、

私が持っていたのは当時の日本のシティバンク口座。

 

アメリカのシティバンクと日本のそれは違うから、その手続きをこっちですることは出来ないの、と言われてしまいました。

 

私は大ピンチ。

 

どうしてもどうしても、どうにかならないかと思ったので、

一か八か、バスに乗って違う支店へも行ってみることにしたのです。

 

そして、こういうふうで困っててどうにか出来ないだろうかとお願いしたところ、

やってみてくれると!

 

credit card in America-yay

 

アメリカって担当者が違うと対応が全く違うんだ、と知った瞬間でした。

 

良くも悪くも、なんですけれどね。

 

 

こんなこともあったので、この国では、その時々で対応が違うのも驚くことではないと思うようになりました。

 

クレジットカードだって、私の到着が5分ずれていて担当者が違う人だったら

作れなかった可能性もあるのかな、とさえ思っています。

 

言い方を変えると何を信用していいのかわからない、ということになってしまいますが。。

 

 

とめ

 

 

 

クレジットカードが作れない、って言うのはもっと作るのが難しいカードのことなのだろうか、

Bank of America Cash Rewards Visa Platinum Plus なんてクレジットカードとは言わないのだろうか、

という不安を抱えながらこの記事を書いています。

 

もしかしてすごく恥ずかしいことを書いているのだったらどうしよう、とちょっとビクビクしてます。

 

そんなにすんなりいくものなの?と今でも不思議に思うし、

実はみんな作れているものなのだろうかと思ったり。

 

 

ただもしこれが、クレカが作れている、と言えるのであれば

この経験から得たことは一つ。

 

やってみること、試してみることに意義がある、です。

 

私のようにダメ元で聞いてみたら意外と出来ることはあるかもしれません。

 

クレジットカードに限らず。

 

 

最後になりますが、もしアメリカでクレジットカードが作れなかった、でも作りたい、と思う方は

セキュアカードというところからスタートすることも出来るそうです。

 

 

 


 

 

ランキングに参加しています。ぜひクリックをお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です