【急がば回れの英語】2018/06/半ば ー grammar in use

 

 

6月に入ってから、Grammar in Use という本で勉強をはじめました。

学習状況を書く前に、この本のことについて少し書いておきたいと思います。

 

 

前に挑戦したときは

 

 

 

この本を初めて見たのはもう10年以上前になります。日本にいた頃、アマゾンでわざわざ洋書を買って挑戦しました。

 

ですが、、当時はすぐにくじけました

 

例えば will と be going to がイコールではないとか、あまりにも目からうろこな情報が載っていたのは確かだったのですが

(私が学生の頃は、そんなこと、どの先生もおっしゃっていなかったように記憶しています)、

その成果が TOEIC や TOEFL に直結するとは思えなかったのです。

 

TOEIC や TOEFL でそこそこの点数は取れているレベルだと、

このテキストの問題はむずかしくなくて、それなりに解けてしまいます。

 

それほど基礎っぽい本なのは確かです。(でもすごく大事な本、って今は思えます)

 

 

当時は点数が欲しかった。点数が取れれば、英語ができるようになると思っていたのかな。

 

 

 

思うこと

 

 

 

アメリカに住んでいる今、上で書いたような ”ニュアンスの違い” の大切さが分かるようになってきました。

というか、できればそれが少しでも自然と口から出せるようになりたい、と思うようになりました。

 

そこで、文法の復習とアウトプットの練習を目標に Grammar in Use を始めることにしたのです。

 

 

などとこんなことを言っていますが、この本を購入したのは確か去年くらい。

 

そのときはなんとなく英語でもしようかと思って買って、

買ったからにはとコツコツがんばったつもりでしたが、、

 

以前と同じく、途中でくじけたのでした。

 

 

 

回の使い方と進捗

 

 

 

これらの反省を踏まえて、今回はとりあえず一周してみることを目標にしました。

 

文章ごとにスラスラ口から出るようにしたり、項目ごとに完全に理解するとか、

そんなふうにも使いたかったけど、何と言ってもテキストが分厚いので。

 

ゆっくりじっくりするのも手だと思いますが、きっと私は途中でくじけてしまう。。

 

一回しただけでは身につかないのは承知ですが、とりあえず一周!

 

そう思って、スピードをあげて進めています。

 

もちろん、最低限の理解は必要です。その上で、まずは自分の弱いところを見つけながら1周しようと思っています。

 

 

先日、初めて、本の半分まで到達しました

 

勢いでやりとげたい!と思います。

 

 


 

 

参考になったよ、とか私も一緒にやってみようかなって思って下さった方、よろしければ下のクリックをお願いします🍎

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です