ニュースで英語: インフルエンザの状況 in アメリカ 2019-01

 
 
 

毎年冬になると、日本でももちろん話題になるインフルエンザ

 

アメリカやニューヨークでの

今の状況が書かれている記事を読みました。

 

 

Flu Season Lands Hard on New York and the Southern U.S.

【約540 word】

 

 


書かれていたこと


 

 

🍎 これまでのところ、南部の方が深刻

🍎 ニュージャージー州やニューヨーク市でも深刻

リンクの記事から地図がご覧いただけます)

🍎 約8万人が亡くなられた去年よりは、悪くはなさそう

🍎 とはいえ、CDC(Centers for Disease Control and Prevention/アメリカ疾病管理予防センター)によると、

“It’s too soon to say what direction it will go”  どうなっていくかを述べるにはまだ時期尚早

🍎 去年流行した H3N2 型に比べると、今年流行している H1N1 型はお年寄りに影響しにくく、

ワクチンも効きやすい

🍎 これからまだインフルエンザのシーズンは続くので、ワクチンを接種することが大切

 

 

 


出てきた単語


 

 

ここで、記事に出てくる単語を軽く確認しておきます。

 

prognosis:予後、予測

takes hold:If something takes hold, it gains complete control or influence over a person or thing.
例/ She was determined not to let the illness take hold again.
Collins English Dictionaryより

unlikely形容詞 起こりそうもない

there’s a long way to go:まだ先は長い、のような意味でしょうか

severity:深刻さ、厳しさ

thus far :これまでのところ

virulence:毒性

so far:今までのところ

unlikely形容詞 起こりそうもない

epidemics:流行病

dominant:支配的な

strain:<微生物>株 (英辞郎 on the WEB:アルクより)

mortality:死亡数、死亡率

insurer:保険会社

pneumonia:肺炎

underscore:〜を強調する

 

 


その他


 

 

他にも、ざっくりですが目を通したこんな記事、

50,000 in NY metro area affected by federal shutdown, Sen. Schumer says

【約570 words】が気になりました。

 

 

トランプ大統領による政府機関の閉鎖。

その結果、こんな影響があるというお話です。

 

 

 


 

最近、ニューヨークのことについて書かれた記事を主に読んでいます。

一日のうち少しでも、英文に目を通すことを心がけて。。

 

英語の道のりは長いですが、コツコツやっていきたいな。

一緒に頑張ろうと思ってくださった方、応援してくださる方、とても励みになります。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村